男女

治療は大変

夫婦そろって

医者

不妊の定義は、夫婦が普通に結婚生活をしていれば、1年目には80%、2年目には90%の夫婦に子供が授かります。それ以上子供が出来なかった場合が不妊とされます。そのような時は、早いうちに婦人科に行き不妊治療を受けた方がいいのです。妊娠するには、年齢が関係します。35歳位以降になってしまうと妊娠率が下がってしまいます。それは、卵子の老朽化が出てきてしまうのです。検査は、夫婦一緒に受けることが望ましいのです。不妊の原因は、昔は女性ばかりのせいにされましたが、実際は男女あまり変わらないのです。不妊治療は精神的にもとても大変な事なので、夫婦がともに助け合うことが大事なのです。しかし現実は、男性は検査を嫌がる事が多いのです。

段階的に大変に

夫婦のどちらかまたは、両方に不妊の原因があった場合不妊治療をします。最初の治療は、タイミング法と言うものを致します。これは、基礎体温を正確に測り、そして尿などから判断をして排卵日を特定します。そしてそれに合わせて夫婦生活をすると言うものです。不妊治療の中でもこれが一番の自然妊娠です。タイミング法の期間としては、半年ぐらいを目安にします。これで妊娠に至らなければ次は、人工授精という事になります。方法は、精子を直接子宮に入れて卵子が、受精しやすくするやり方です。これでもまだ妊娠に至らない時は、体外受精をします。これは、本来体の中で行われている受精を体の外で行うと言うものです。しかしこれは、とても費用がかかる為その前でやめてしまう夫婦も多いのです。精神的な事も多いのでストレスをなるべく溜めないようにしましょう。