男女

いい病院の探し方

女性

不妊治療を希望されている場合は、病院をいくつか探してみるといいでしょう。治療では、月に何度も受診をする事もあるので、予約ができたり、自宅から近い病院を探してみるといいでしょう。また、治療には、健康保険が原則に適用されますが、治療内容によっては、健康保険適用外の場合もあります。

詳細を確認する...

治療は大変

医者

普通の夫婦生活で2年以上子供が出来ない場合が不妊とされます。この時は早いうちに不妊治療をした方がいいのです。年齢が行くほど妊娠しにくくなります。不妊治療の方法も段階がありだんだん大変になってきます。なるべくストレスが溜まらないようにしなければいけません。

詳細を確認する...

排卵の有無の確認

サプリメント

妊娠がし易いかどうかを示す大きなバロメーターが、排卵の有無です。40代を超えると、どうしても排卵のサイクルが少なくなってしまいます。排卵が少なくなると妊娠が難しい状態になることから、まずは超音波検査で排卵の有無から確認してもらいましょう。

詳細を確認する...

有効とされる治療

不妊で悩む人は多い

医者

不妊症は、昨今の日本で深刻化している問題です。そもそも不妊症とは、避妊しないで子作りをしているのに2年以上妊娠しない状態です。子供ができずに悩んでいる方は、十組に一組の割合でいます。そのため多くの産婦人科では、不妊の悩みを抱えている患者に人工授精による不妊治療を行っています。この人工授精とは、男性から採取した精液を細い管で女性の子宮に直接注入していくものです。この治療は、精子に問題が有る場合に有効だといわれています。まず採取した精子は、遠心分離で元気で優良なものだけを選んで注入します。したがって、子宮内の卵子にたどり着く可能性が高く、妊娠確率が上がるというわけです。そのため人工授精による妊娠確率は、4回の治療で90%も超えており、不妊で悩むカップルには、嬉しい不妊治療です。

施術におけるポイント

人工授精は、現在、日本のクリニックで行われている有効な不妊治療です。人工授精による不妊治療では、施術をして約2週間後に妊娠の可否が判ります。実は、ただ施術を受けるだけでなく、妊娠確率をあげるための生活上のポイントかあります。最も大切なことは、仕事や人間関係のストレスをためないことです。なぜなら、精神的なストレスを抱えると、自然と体が冷えて妊娠しにくくなるです。そのため運動や趣味を見つけるなどでストレスを解消すると良いです。それと、不妊治療中は過剰にお酒を飲まないようにしましょう。というのも、お酒を飲むと、体内のアルコールを分解するために肝臓が働きだします。すると、肝心の子宮に血液が届けられなくなり、妊娠の可能性が減ってしまうのです。そのためお酒は適度に、あくまで嗜む程度に留めることをおすすめします。